Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); var pageTracker = _gat._getTracker("UA-4834490-4"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();

older | 1 | .... | 936 | 937 | (Page 938) | 939 | 940 | 941 | newer

    0 0
  • 06/17/16--19:26: Photo



  • 0 0
    0 0
    0 0
    0 0
    0 0
  • 07/08/16--11:07: cosascool: Kousakusho
  • 0 0
  • 07/30/16--21:19: Photo



  • 0 0
  • 07/30/16--21:20: Photo



  • 0 0



    japanesejapan:

    Toshiro Mifune


    0 0











    carudamon119:

    テレ東のリオ五輪ピンバッチ、ピカチュウだったため世界中のマスコミが欲しがる


    0 0
  • 08/09/16--19:25: k-ui: NEW GAME!


  • k-ui:

    NEW GAME!


    0 0
  • 08/09/16--19:25: Photo











  • 0 0











    prostheticknowledge:

    SmileMachine Mk 3

    Project by @mocymo is a head mounted display that can present a variety of expressions - embedded below is a video taken at the Tokyo Maker Faire taken by makerkun:

    More images can be found here


    0 0
  • 08/31/16--21:14: Photo







  • 0 0
    0 0



    zenigata:

    2chan.net [ExRare]


    0 0
    0 0









    ca-tsuka:

    “Drifters” japanese TV opening is animated by french artist Cedric Herole (aka Bambin) who is also the animator of Catsuka TV show ending.


    0 0

    ガンパレと並び「ゲームの中とはいえ何百もの敵を狩るプレイヤーとは一体何者なのか?」という点に踏み込んだ傑作がもう一つある。エースコンバット04だ。当初、プレイヤーはただのパイロットの一人。だがあるステージから全てが変わる。《一機凄いのがいる!リボンのエンブレムをつけたヤツだ!》


    無線音声で敵味方の会話が聞こえるシステムを最大限に活かし、このゲームは自機が英雄へと変わってゆくさまを克明に描写する。民間機救助という凄まじくヒロイックな任務で聞こえる、乗客の声!《凄い……あの飛行機、本当にたった一機で戦ってる……!》燃えるわこんなん!


    そして終盤ステージ、絶望的な作戦に挑む友軍地上部隊の無線。《メビウス1(プレイヤー)が来ていると皆に伝えろ!嘘でもいい!》嘘でもいい、て。そこまでの存在になったか俺!もうやるしかない!「安心しろ……俺が来た……!」って呟きながらプレイしたよ!(黒歴史)


    だが、英雄になりたくて戦ったわけじゃない。それを唯一理解してくれる敵エース、黄色の13。ステージ間演出で挟まれる独白で「同じ空が見られるかもしれない」と俺に期待してくれた彼を、ゲーム中ではもちろん戦闘機同士でしか相対できないので、墜とす。墜とすしかない!


    その後、困窮した敵軍はあろうことか黄色の13と同じエンブレムの部隊を量産!あれ見た時にプレイヤーはほぼ確実に「貴様らごときが!彼と同じソレをつけるんじゃないッ!」ってキレる(フルメタの賀東さんもキレたと言ってた)そして終盤面なので実際に彼らは瞬殺される!


    ここ、プレイヤーの技量向上に加え明らかに敵AIが意図的に弱いので、本当に「怒りのままに鎧袖一触」ができるように設計されてる。しかも敵にろくな戦力が残ってないという背景とも合致して自然。プレイヤーを気持ちよく持ち上げる点にかけて未だに最高のゲームの一つ。


    そうそう、ちなみにこの自機、後のシリーズ別作品おまけミッションで敵として特別出演するのだが、その時の演出が「目の前の敵エース複数機をソードマスターヤマトばりに一瞬で全機叩き落として登場」という納得の貫禄。さすが……俺!そして超強い。きゃあ、じぶんごろし!



    - 重信康(公開用)さんのツイート (via hutaba)

    0 0
  • 10/17/16--17:44: Photo



older | 1 | .... | 936 | 937 | (Page 938) | 939 | 940 | 941 | newer